家事時短に三種の神器の一つルンバ691を買ってみた

こんにちは、のるねこです。

Amazonのセールを利用して、ルンバデビューしたので感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

買ったのは

ルンバにはいろんな種類があるのですが、私はルンバ691のAmazon限定のルンバを買いました。

691はAmazon限定で黒いフォルムでかっこいいです。

ルンバデビューにルンバ691に決めた理由

理由は3つありますが

  1. お手軽価格
  2. 必要十分な機能が付いている
  3. お掃除ロボットといえばルンバ

ということ。

お手軽価格

もともとお手軽価格で39,600円で購入することができるのですが、Amazonのセールで29,600円で購入することができました。

最新の方がいいのかなとも思ったのですが、2019年12月現在最新のルンバであるルンバi7+の価格が140,270円(税込)もするため、ルンバデビューには高すぎるので即検討リストから除外しました(笑)

必要十分な機能が付いている

ルンバを使ったことがないため、

  • 掃除がきちんとできて
  • 落下防止がついていて
  • 絨毯の巻き込みを自分で解決できる

機能だけあれば問題ないと考えていたので余計な機能がついていないものを選択しました。

部屋をマッピングしたり、ごみ捨て機能などの機能が欲しいなと思ったら買い替えればいいかなと思いました。

お掃除ロボットといえばルンバ

3つ目について、そもそもお掃除ロボットってルンバ以外にも色々でているのですが、安ければなんでもいいだと吸引力に不満があったりとか出てきそうな気がしたので、ルンバの中から検討することにしました。

スポンサーリンク

初めてルンバ691を使ってみての感想

良かったところ、良くないところを挙げていきます。

良かったところ

  • 想像以上に丁寧に掃除をしてくれる
  • 端っこが念入り
  • 絨毯の巻き込みを自分で解決できる
  • 障害物を迂回しつつ掃除してくれる
  • 細かいゴミまでしっかりとってくれる
  • 段差も問題なく通れる
  • 掃除して欲しくないところを指定できる
  • アプリで外出先でも操作が可能
  • 床に何も置かない習慣がつく
  • 名前を付けれるので愛着がわく
  • お手入れの必要なタイミングが分かる

想像以上に丁寧に掃除をしてくれる

ルンバの掃除のイメージって雑巾掛けみたいに1列かけたら横にずれてかけて終わると思っていましたがそんなことはありませんでした。

何度か繰り返し掃除してくれます。

特に汚れているときはダートディテクト(ゴミが多いところを集中的に掃除をする)し、アプリを連携しておくと回数もカウントしてくれます。

端っこが念入り

丁寧に掃除をしてくれますが特に端っこが念入りです。

端に沿って掃除をしているからというのもあると思いますが、そのおかげでベッド下など普段手が届かない部分まで掃除が行き届いています。

絨毯の巻き込みを自分で解決できる

決め手の一つである絨毯を巻き込こんだときに逆回転する絡まり防止機能がついているので、絡まって動けなくなったのをこっちでフォローする必要がないのが良かったです。

障害物を迂回しつつ掃除してくれる

端っこを念入りに掃除してくれるので当然なのですが、端に寄せた物、棚など障害物が多いです。

しかも障害物と障害物の間に隙間があったりするのですが、センサーで恐らく迂回しつつ壁に沿って隙間もきちんと掃除してくれます

言葉にすると難しいのですが、その瞬間を見たときには謎に感動してしまうレベル(笑)

細かいゴミまでしっかりとってくれる

ごみ捨てをしたときに驚いたのですが、細かいゴミの多さ。

細かすぎてゴミ袋に捨てるときに舞いそうになるので慎重に捨てています(笑)

吸引力もばっちりしっかり掃除をしてくれています。

段差も問題なく通れる

我が家は扉の部分に1㎝ほどの段差があるため購入時の懸念事項でしたが、扉の部分、絨毯に関しても問題なく通れました

掃除して欲しくないところを指定できる

付属品のデュアルバーチャルウォールを置いた場所にはルンバが近寄らないように指定することが出来ます

ヘイローモードという置いた場所から円形の周辺

もしくは

バーチャルウォールモードという見えない壁で部屋を仕切る

ことが出来ます。

アプリで外出先でも操作が可能(スマートスピーカーにも対応)

CLEANボタンを押すと外出先でも掃除をしてくれます。

急遽来客があるときなどに使えますね!

スマートスピーカーにも対応しているそうですが、私が持っていないので細かい部分は分からないです。

床に何も置かない習慣がつく

これはよく聞くことですが、例にも漏れず私の家も床に物を置かなくなりました。

ゴミ箱も倒して中身をぶちまけてしまうことがあったので、定期的にまとめるようにもなりました。

床に物がないだけで家がスッキリして見えるので良い効果だと思います。

名前をつけれるので愛着がわく

アプリで連携をするときにルンバに名前を付けることができます(笑)

思わず名前を呼びたくなるし、掃除頑張ってくれてありがとうって感謝したくなります。

ロボット型ペットが出てくるのも頷けます。

お手入れの必要なタイミングが分かる

アプリを連携するとお手入れのタイミングをグラフで確認することが出来るのが良かったです。

効率よく中のお手入れができると思います。

良いところがたくさんあって満足してますが、次に反対にあまり良くないなってところも挙げていきます。

スポンサーリンク

良くないところ

  • 軽い絨毯はひっくり返してしまったりして上手く掃除できない(対策可能)
  • 溜まったゴミが捨てづらい
  • コードが絡まる

軽い絨毯はひっくり返してしまったりして上手く掃除できない(対策可能)

段差が絨毯は問題なく通れるのですが、軽い絨毯は逆に持ち上げてひっくり返してしまい、折り目で進めない高さにしてしまってそこから動けなくなってしまうことがありました。

対策として滑り止めシートが活躍してくれます。

 

Amazon以外ではホームセンターでお手軽に購入ができます。

それを絨毯に張り付けてからはひっくり返すことなく掃除をしてくれるようになりました。

コードが絡まる

床に這ってるコードにちょくちょく絡まっていることがあります。

絡まっても自力でなんとか出てくるのですが、コードは引っ張られて散らかった感じになってしまいます。

上に通せば問題ないのですが、延長コード必須ですね。

溜まったゴミが捨てづらい

ゴミを回収する部分の形状が変わっている(掃除中にこぼれないようにしている)ため、捨てるときに上手く取り出せないことがあります。

付属品に掻き出し用のアイテムもついてくるのですが、少し面倒だなと感じました。

また、水洗いができないのも微妙かなと思いました。

お掃除ロボットデビューにちょうどいい

結論としてはデビューにはちょうどいいです。

きちんと掃除するし(なんなら自分でやるよりきれいかも・・・)、アプリやスマートスピーカーにも対応しているので、自由自在に動かすこともできます。

平日仕事で掃除ができないときにホコリや髪の毛が溜まっているのを見て、ストレスを感じることもなくなりました

自動充電もできるのでルンバが動けなくなる要因を取り除けばノータッチで掃除が終わります。

レビューを見てると掃除音がうるさいと書かれているのですが、の掃除機と音は何ら変わらない印象でした。

昼間動かしておけば問題はないのですが、寝ている間に終わらせるのは向いていないと思います。

色々書いてきましたがルンバ気になる・・・と思っている方にお試しで買ってみるのにオススメできます。

ぜひ買ってみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク