金融機関に新卒で入って感じたこと

こんにちは、のるねこです。

新卒で入った金融機関にを6月末で退職しました。

実際に勤めたからこそ感じた、金融機関の良いところ、悪いところをまとめていこうと思います。

ぜひこれから就職する人の参考になればと思います。

スポンサーリンク

金融機関のいいところ

総合職だったから給与面は良かった

前提として田舎である地元の中では良かった方でした。

ただ、総合職だったおかげもあったので、一般職の同期は一般職ってだけで少なくなるし、最終学歴が短大になるともっと少なくて、正直生活は大変なんだろうなと思いました。

残業は減り、残業代もしっかり支給

働き方改革の影響もあり、22時まで残業が当たり前の時代から一変、遅くても19時退勤が当たり前に。

サービス残業も見直されしっかりもらえるようになってました。

お金の知識がつく

融資、投資信託、保険と色んな商品を扱っていたのでお金に関して知識が付きました。

お金を下ろすのがラク

金融機関なのでいつでも下ろそうと思えば下ろせるのがラクでした。

新札が欲しければ両替もすぐ出来るし振込、納税とか、どこかで時間を割かなければいけないものも出来るので良かったです。

(もちろんお客様が優先になるので、休憩時です)

金融機関人の信頼が大きい

年齢が上がれば上がるほど信頼度は高いと感じました。

なのでしっかりしているねと判断してもらえます。

また、祖父母は金融機関に対してかなりの信頼を持っているため,とても喜んでくれます。

親や親せきの体面を保つことができると思います。

スポンサーリンク

良くないところ

ノルマがある

金融機関ならどこでもありますね。

やはりノルマは精神的に良くなかったです。

ちなみに説明会で「ノルマはありますか?」と聞いたことがあります。

返答は『目標はあります』と頂きました。

入ってから目標?いやノルマじゃん!って入ってから思いましたね。

騙されたというか、世間知らずだったなと今では思います。笑

また、三井住友銀行がノルマを廃止するといったニュースがありましたね。

顧客本位に立ってなかったのでようやくかとというのが本心でした。

徐々にそういった流れにはなると思いますが、全ての金融機関がそうなるにはもう少し時間がかかりそうな気がします。

人間関係が変わりやすい

大体3.4年周期で異動がある金融機関。

最近は人手不足もあり、1年で動く人も珍しくなくなりました。

異動が出ると支店ごと雰囲気がガラリと変わります。

割と穏やかな雰囲気だったのが一気にピリピリしたり。

なので誰が異動してくるかでお祭り騒ぎです。

新卒にはどこに配属されるかで当たり外れがある

先ほどのに関連してきますが、一緒に働く人の当たり外れが大きいです。

新人潰しというか新人を病ませるのが得意?な人がいるんですよね。

その原因が自分だと分かってない人だったりするので厄介です。

  • 我慢する
  • 上司に相談する
  • 人事に相談
  • 退職

くらいしか対処がないと思います。

心を病んでしまうと今後の復帰にも時間がかかるので、早めに対処すると良いと思います。

休日も行事があって休むことができないときがある

地域ごとの行事に基本的には参加になります。

ボランティア活動になるので、代休や休日出勤扱いにはなりません。

プライベートの時間がなくなるのがつらいです。

スポンサーリンク

良いところもあるけど悪いところが多すぎる

金融機関に勤めることは、お金や信頼面に関してメリットがありますが、犠牲にするものが大きいと思います。

ですが、正直これから金融機関に就職しようとするのはオススメしません。

最終判断はご自分なのでどうしていきたいか考えて決めてくださいね。

それでは!