災害準備におすすめの防災バッグと中身

こんにちは、のるねこです。

最近災害のニュースが多いですよね。

災害大国と言われている日本で、防災の準備が必要と分かっていても何から始めたらいいか分からないですよね。

私もその一人で、そんな人に向けた便利なものがあったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

おすすめできる便利な防災セット

インターネットなどで調べた結果アットレスキューが販売しているSHELTERがおすすめでした。

こちらの商品、防災バッグも含めて防災グッズがセットで販売されています。

なぜこれがおすすめなのか決めた理由を挙げていきます。

①バッグに不満がない

いろんな商品のレビューを見ていると縫製が甘いなどの評価を受けているのを見かけます。

非常事態の時にバッグのが使い物にならないのは本当に困りますよね。

このバッグはしっかりしているため、そういうこともなく安心して使えるのがいいですね。

また、35L入るので小さすぎると入りきらない、大きすぎると持ち運べないということがない点がいいです。

災害時には夜暗くなるので反射材が付いているの点も魅力的です。

②最低限の必要なものが入っており、足りないものが自由に増やせる

届いた時点で中身がパンパンではありません。

なぜなら必要なものは人それぞれ違うので、好きなようにカスタマイズができるようにされているようです。

この点もありがたいなと思います。

③価格がお手頃

一度自分で揃えてみようとAmazonのカゴにポイポイ入れてみたのですが、価格がトントンもしくは少し上がってしまいました。

100均一などで揃えるのもアリだったのですが、品質や機能が劣る気がしてしまい妥協できませんでした。

なのでコスパの良いこの商品にしようと思いました。

④入っているアイテムの説明が丁寧

サイトに飛んでもらうと分かるのですが1つ1つのアイテムの使用感が載っているので、なんのアイテムが入っているのだろうという疑問も解消してくれます。

思っていた商品と違ったということも回避できそうです。

スポンサーリンク

実際に買ってみた

実際に買ってみました。

注文から約5日ほどで届きました!思っていたよりも早い!

早速背負ってみました。

155㎝の女ですが、見た目からも大きすぎないので持ち歩きに問題はなさそうです。

バッグがもともと軽いので重いと感じませんでした。

背中とバッグにあまり隙間がなく、走っても荷物が暴れることなくて走りやすそうです。

肩ひもも太いので痛くなりにくい工夫がなされています。

中身のチェック表付きという親切設計。

年数も書かれているので中身の管理がしやすいです。

気になる中身は

一番手前

特に何も入ってません。

薄めのポケットで急いで出したいものを入れておくのによさそうです。

財布とかスマホでもよさそう。

真ん中のポケット

分厚い辞書も楽々入るくらいのおおきさ。

名前や血液型などの個人情報を入れておけるメモとポケット付き

ここに入っていた中身は下の通り

左上からマスク・レインコート・目隠しポンチョ・寝袋

乾電池(単三)・軍手・ホイッスル・レスキューシート

私が気になったものをピックアップ

  • 目隠しポンチョ

厚手なので透ける心配がなく、目隠しポンチョは着替えやトイレのときに活躍してくれそうです!

あとは授乳のときにもよさそうですね。

ちょっとした疑問なんですが女性の身長ならちょうどよさそうですが、男性はどうなんでしょうか。

あまり気にならないのかな?

  • ハイブリッドレスキューシート

このシートは羽織ることで体温調節をしてくれるみたいです。

金色は寒い時に太陽光を吸収してくれて、銀色は熱い時に熱を反射してくれるみたいです。

災害がいつの時期に来るか分からないので、一枚で両面活躍してくれるのはありがたいと思います。

  • オマケ

軍手が付いていましたが、災害時には切れやすいものがゴロゴロしていると思うので、安全のためこちらを追加購入。

サイズはMを購入しましたが指が短いので少し余ってしまいました。

スポンサーリンク

後ろのポケット

限界突破するかのように大きく開きます。

一番大きくメインの部分ですね。

ここに入っていたもの

左上からウォーターバッグ、野菜ジュース(長期保存用)、エアーマット

多機能ラジオライト、トイレONE、レスキューライス、ライスクッキー、保存水(7年)

救急セット、調光ランタン、からだふき

私が気になったものピックアップ

  • 多機能ダイナモラジオライト

サイレンもついており、声が出せない状況でも活躍してくれます。

鳴らしたらかなりでかい音だったので試すときは注意してくださいね。

スマホの充電を差し込めるようになっています。

ラジオライトに普段から充電することができます

ハンドルで回すことで充電もできます。さらに蓄電機能もあって優れものですがきっと疲れるので(笑)

今から充電だけはしておきます。

  • トイレONE

緊急用トイレですね。

凝固剤がなくてもトイレができる優れものです。

しかもティッシュ付き。

3個しかないのは心もとなかったので追加購入しました。

結構大きくなってしまうのですがバッグに余裕があるので問題なかったです。

  • 救急セット

必要最低限入っています。

ここに常備薬もいれてあると安心かもしれません。

  • 野菜ジュース(長期保存用)

野菜ジュースに長期保存用があるとは知らなかったです。

被災したらビタミン不足に陥りそうなので、追加で欲しいですね。

ただ缶なので重さが増えてしまうのが悩みどころでまだ追加購入に至ってません。

スポンサーリンク

その他追加購入品

十分基本的なアイテムは揃っていましたが個人的に必要なものも、追加したいものを紹介したいと思います。

  • 水のいらないシャンプー

被災から数日経つと多分気になってくるかなと思うので、無いよりマシということで購入

  • 歯みがきティッシュ

買いに行ったドラッグストアに介護用しかなく、他で買うという選択肢がないまま購入。

何日被災するか分からないのであればあるほどよさそうです。

  • 洗濯パック

要るか分からないですけどやっぱり気になってくると思うので。

被災すると時間を持て余すときもあるかもしれないので、気分転換にできたらといった感じです。

  • お手拭き

手を拭きたいときや、衛生的にしたいときに使うので。

  • ご飯、おやつ

お腹が空くと本当に余裕がなくなるので、多めに所持します。

しょっぱいものがもう少し欲しいところ・・・。

  • 生理用品

女性向けですが生理用品は持っておきたいところ。

生理用品はケガした時に止血するのに衛生的でいいらしいです。

おりものシートもあればパンツの替えを抑えられる気がします・・・。

薄めのを用意して数を多めに準備しました。

  • トイレットペーパー

家にあるやつを袋に入れてバッグへ。

何にでも使えるので最低でも1つは用意しておくと便利ですね。

まとめ

災害が発生すると注文が殺到して届くまでに時間がかかるので早めに準備することをおすすめします。

準備しなきゃ、でも何から始めようって方の参考になればと思います。

それでは!

スポンサーリンク