カーテンが長い時の簡易裾上げ

こんにちは、のるねこです。

引っ越し後持ってきたカーテンと長さが違ったなんてことありませんか?

何も隠さないより何とかしたいという時の対策を紹介したいと思います。

スポンサーリンク

用意するのは安全ピン

安全ピンは100均ので問題ありません。

やり方を説明します。

  1. カーテンを床に届かないスレスレの長さに折りたたみます。
  2. カーテンのドレープに合わせて縦方向に刺していき、完成

これだけです!

写真のように刺し、等間隔につけていきます。

結構忍耐は必要ですが頑張りましょう!

メリット

とにかく簡単、安上がり。

技術がいらない上に、安全ピンがあれば誰でもできます。

次回引っ越すときに長さの調整ができる。(外すだけ)

デメリット

折り目が多少くしゃっとなるため、裾上げテープを使ったやり方より不格好になる。

まとめ

外から見えない窓であれば外から見ても気づかれないですし、時間も手間もかけたくない人にとてもおすすめです。

ぜひ試してみてくださいね。

それでは!