気づいたら増えてるSuicaをお得に手放す方法

こんにちは、のるねこです。

電子マネーであるSuica。

電車をよく使う方なら持っている人が多いのではないでしょうか。

無くしたと思って券売機で再度発行した後に、見つかったりしますよね。

複数持っていてもいらないと思うので、お得に手放す方法を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

お得にSuicaを手放す方法とは?

払い戻しをするのがお得

Suicaって発行するのに預り金(デポジット)500円を支払っています。

なのでそのまま捨てるのってもったいないですよね。

お得に手放すためにみどりの窓口で払い戻しをしましょう。

払い戻しをするとデポジットの500円を返金してもらいます。

払い戻しには手数料がかかる

払い戻しをするのに注意したいこととして手数料がかかるということです。

定期券部分の払いもどし額と入金(チャージ)残額の合計から、手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金します。

  • 定期券の有効期限を過ぎている場合は、入金(チャージ)残額から手数料220円を差し引いた金額に、預り金(デポジット)500円を加えて返金します。なお、入金(チャージ)残額が220円以下の場合は、預り金(デポジット)のみの返金となります。(「My Suica(記名式)」)と同様のお取扱いとなります。)

引用:払いもどし|各種手続き|Suica:JR東日本

この手数料はチャージしている残高から220円引かれます。

1,000円残っていたら220円差し引いた780円とデポジットの500円、合わせて1,280円が返金されます。

手数料をかけたくないなら残額を0円にしよう

手数料かかるのやだなあという方、安心してください。

公式でこのような記載もされていました。

残額が100円のとき払いもどし額はありません。預り金500円のみ返金します。
残額が0円のとき払いもどし額はありません。預り金500円のみ返金します。

引用:払いもどし|各種手続き|Suica:JR東日本

残額が0円なら手数料は差し引かれず、デポジットの500円だけ返ってきます。

なので0円にしてから払い戻しにいきましょう。

残額を0円にするには

コンビニエンスストアで残額を払って、不足分を現金で支払えば解決です。

もしくは電車代に使って、不足分を現金で支払いましょう。

スポンサーリンク

払い戻しができるところは限られている

払い戻しができるところはSuicaエリアのみどりの窓口です。

並ぶのにものすごく時間がかかるので、時間に余裕があるときや空いている時間帯を狙って手続きしましょう。

昼休みの時間帯、夕方の時間帯は人が集中してしまうのでそれ以外の時間帯がおすすめのようです。

払い戻しの流れ

窓口で「Suicaの払い戻しをしたいです。」と伝えるとパパっとやってもらえます。

駅員さんが機械にSuica通して、レジスターで返金。

時間にして3分あったか無かったかくらいでした。

待ち時間に比べて手続きがあっさりだったので、遊園地のアトラクションみたいな感じでした(笑)

ちなみに記名式のSuicaは本人確認書類も必要なので準備してくださいね。

家に眠っているSuicaがあればぜひ払い戻しをして500円GETしましょう。

それでは!