お金持ちになりたいなら宝くじは買わない方がいい?

こんにちは、のるねこです。

億万長者になれるかもしれないという期待を膨らませて宝くじを買うと思います。

しかしお金持ちになる人は宝くじを買わないんです。

何故買わないのか理由を挙げていきたいと思います。

[ad]

お金持ちが宝くじを買わない理由

3つ理由を挙げていきます。

①還元率が悪い

宝くじの当選確率ってどのくらいか知っていますか?

参考として宝くじの購入資金の使い道が以下の通りになります。

  • 46.9%が当選金として当選者に支払われる
  • 38.1%が全国都道府県及び20指定都市へ納められ、公共事業に使われる
  • 13.8%が印刷経費、売りさばき、手数料
  • 1.2%が社会貢献広報費

に充てられています。(H29販売実績額より)

つまり購入資金の46.9%が返ってくる割合になります。

1万円使うと大体4,690円くらいが利益になる計算です。

ちなみにパチンコは80%くらいで返ってくる割合になっています。

すっごく低いですよね!

さらにもっと分かりやすい例えにすると、交通事故で死ぬ確率より低いんです。

なので還元率の低いギャンブルといっても過言ではないでしょう。

②宝くじは愚か者に課せられた税金と言われている

どうやら経済学者の間で言われている言葉らしいです。

それもそのはず、先ほどの宝くじの購入資金の使い道の2番目に大きい割合を占めているのが公共事業費。

つまり宝くじは税金です。

38.1%という大きい税金を払っているのです。

びっくりですね!

消費税が10%に引き上げられる話で大きな話題になりましたが、意外と宝くじの部分に関しては気にしていない人が多いのです。

③当たったあとの破産をしたり悲惨な目に遭う

自分が扱えきれないほどの大金が一気に手に入ることで、お金の使い方が変わってしまいます。

高級車を買って、家を買って、旅行に行って・・・などなど

恐らく10年もしないうちに使い切ってしまいます。

一度上がった生活水準を落とすことはなかなか難しいことです。

お金がないのにお金を使って、破産してしまう人もいるようです。

そんなことにならないから自分は大丈夫って人は、周りからの態度が変わって悲惨な目に遭うかもしれません。

「宝くじ当たったんだから奢ってよ」とか「金融商品or不動産投資に手を出してみませんか?」とか悪い人がたくさん寄ってくると思います。

ひどい目に遭わないように人を信用できなくなってしまうことも・・・。

宝くじを買うくらいなら

では宝くじを買うくらいなら何をしたらいいのでしょうか。

自己投資に使う

本を読んだりして知見を広めることに使いましょう。

それがのちのち何かに生かせる場面に遭遇するかもしれないです。

宝くじは外れれば何にもならないですから。

投資信託を始めてみる

今、国でやっているつみたてNISAやiDeCoをやってみましょう。

つみたてNISAなら最低1,000円から、iDecoは5,000円から始めることができます。

自分で資産を築くことができれば、運で増えることに頼らない生活になると思います。

まとめ

宝くじに頼って大金を得ようとせず、自分で資産を築いていける力を身に着けましょう。

夢があるかもしれませんが、成長させてくれるものではありません。

宝くじは税金を払う、還元率の低いギャンブルです。

自分のお金、大切に使いましょう!

それでは!