JR使う人なら持っておくべきクレジットカード”JRE CARD”

こんにちは、のるねこです。

今回はJRを使っている人なら持っておくべきクレジットカードの紹介をしたいと思います。

オススメのカードはJRE CARD

JRから出ているカードにはこのJRE CARDとビューカードがありますが、私はJRE CARDをオススメします。

理由は下記の通りです。

オススメできるメリット

ざっとまとめるとこんな感じ
  • Suicaにオートチャージできる
  • 定期も搭載できる
  • 還元率が良い
  • 対象店舗でサイン不要
  • 使用してから明細に載るまでが早い
  • 持ち歩くカードの枚数が減らせる
細かく見ていきましょう。

Suicaにオートチャージできる

Suicaの残額が一定金額以下になると自動的にチャージがされます。

これにより残高不足で改札で止められる心配がなくなります

また残高が減ってきた時に現金を使ってチャージする手間がなくなるのでキャッシュレス化にもつながります。

これでスマートに電車に乗ることが出来ますね!

ちなみにチャージされた分は通常のクレジットカードの引き落としになります。

明細にいつチャージされたのかもすぐ確認することが出来るので安心です。

定期も搭載できる

このクレジットカードの裏に普通のSuicaと同様に、定期券を印字するところがあります。

なので定期券としても使用することが出来ちゃいます。

定期をクレジットカードカードで買いつつ、搭載できるので更新時などで別のカードで決済をする手間もありません。

還元率が良い

駅ナカでこのようなマークをよく見かけませんか?

これが表示されている加盟店では元率が3.5%となっています。

  • 購入時に100円(税抜)につき3ポイント(JRE POINTカードの3倍)
  • 利用月の翌月中旬に1,000円(税込)につき5ポイント

とダブルで貯まっていきます。

加盟店(優待店)下図の通り

かなり広範囲の駅ビルが対象になっています。

さらに、チャージや定期券の購入で1.5%還元されます。

移動するだけで還元されるなんてすごいですよね。

貯まったポイントは加盟店で1ポイント=1円として使用することが出来ます。

対象店舗でサイン不要

使っていて気づいたのですが、加盟店以外でもサイン不要のところが多かったです。

駅ビルなら割とどこでもサイン不要なのかもしれません。

サインを書く手間がないのでお会計時の時間短縮にもつながって良いですね。

使用してから明細に載るまでが早い

不正利用などが怖いのでこまめに明細を確認しているのですが、JRE CARDはダントツで明細に載るまでが早いです。

購入したその日、家に帰ってきてチェックしたら載っているレベル。

家計のやりくりにも使えるのではないでしょうか。

持ち歩くカードの枚数が減らせる

定期とクレジットカードが一体型になるので、定期に1枚、クレジットカードに1枚が一体型で1枚に。

また、JRE POINTのポイントカードでポイントを貯められるのですが、JRE CARDはそのポイントカードも内蔵されているので1枚で済みます

持ち歩くカードの枚数を1枚でも多く減らしたい人にはもってこいですね。

デメリット

すべてがオススメだ!と紹介できればいいのですが、残念ながらデメリットもあります。

それは、初年度しか年会費が無料でないということ。

2年目以降は477円(税別)がかかってしまいます。

ただ、ポイントもざくざく貯まるので、元はあっという間にとれちゃいます。

無理に駅ビルで買い物をしなくても、ある程度距離があるなら定期券の購入だけでも割とまかなえると思いますよ。

よくカードを使う人ならデメリットは気にならない

駅を通勤・通学で利用していて駅ビルで買い物もする人にはデメリットがそこまで負担にはならないので、ぜひ持っておいてほしい1枚です。

ぜひ作ってみてくださいね。

それでは!