iDeCoは今すぐ入った方がいい?入るべき人入らない方がいい人

こんにちは、のるねこです。

年金が2,000万円不足してしまうというニュースが話題になりましたね。

これを受けて資産形成を始めようとする人が多いと思います。

個人型確定拠出年金、つまりiDeCoに加入することを検討するのではないでしょうか。

実はiDeCoには入るべき人と入らない方がいい人がいるので、書いていきたいと思います。

[ad]

iDeCoに入るべき人とそうでない人の違いとは

最初にiDeCoの注意点として60歳まで解約することができません。

 

入るべき人(iDeCoの恩恵を受けれる人)

  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 会社員
  • 公務員

国民年金被保険者の第1号被保険者と第2号被保険者に当たる人たちです。

何故この方たちが入るべきなのかというとiDeCoのメリットにあります。

  • 満期受取時には退職所得控除もしくは年金控除を受けれる
  • 運用益が非課税
  • 個人型の場合掛金が全額所得控除になる

 iDeCoに加入をすると税金面で優遇されるため、所得がある人にとってやらない手はないものになっています。

特に収入が多ければ多いほど、税金対策をとっていない人ほど有利になっています。

また、60歳まで原則解約できませんが、もし亡くなった場合は遺族に一時金として支払われるので無駄になりません。

今すぐ入るのはやめた方がいい人(恩恵を受けにくい人)

  • 専業主婦
  • 一定金額を毎月払える余裕がない人
  • 20、30代女性で産休、育休を取る人
  • 収入が途絶える予定のある人
  • 60歳になりそうな人

ざっくりいえば所得の少ないもしくは0に近い人、国民年金の第3号被保険者が対象です。

理由は人によりさまざまですが

  • そもそも控除する所得がない
  • 所得がなくても運用手数料がかかる
  • 60歳以降買付できないので運用のみになる
  • お金が欲しい時に60歳まで引き出せない

所得控除が受けれないならほぼ意味がないと言えます。

また、手数料も毎月かかるので毎月掛けれないとマイナスになってしまいます。

詳しく言うと

今会社員でiDeCoに加入している人が転職で会社を辞めるとします。
この転職までに期間があればあるほど、その間の所得控除は受けれません。
さらにiDeCoは運用手数料が毎月かかってくるので、積立額は変わらず手数料分だけ減っていってしまうのです。

iDeCoは投資信託等で運用するので、運用期間が長ければ長いほどプラスになりやすいです。

逆を言えば60歳に近い人は運用期間が短いため手数料分マイナスになりやすいのです。

さらに注意点として専業主婦の方が夫の代わりにiDeCoに入っても優遇はありません

あくまで収入を得ている人に優遇措置が取られているのです。

それでも入るか入らないか悩む人へ

税制面で優遇されるiDeCoですが、それぞれの事情で踏ん切りがつかないこともあると思います。

とくに60歳まで資金を引き出せないのは大きいデメリットですよね。

資金に余裕がなく、いつお金が必要になるか分からない人は、引き出し自由なつみたてNISAで運用してみるのも一つの手です。

また、20代30代の人はまだ人生どうなるか分からないと思うので、40代くらいになって落ち着いてきたころに加入しても遅くはないと思います。

将来の資産形成に悩む方の参考になればと思います。

それでは!