車の価値はどうやって決められる?衝撃事実と対策

こんにちは、のるねこです。

先日2年半乗っていた車を手放しました。

その時に思ったのが、車の価値って一気に下がるんだなということ。

新車が2年半で半分の価値にもなりませんでした。

[ad]

年数と走行距離が大きくかかわってくる

ご存知の方も多いかもしれませんが、買取には年数、走行距離が大きく影響してきます。

細かな数字を挙げていきます。

車の年数で価値はこれだけ変わる

まず年数からみていきましょう。

車の査定額は1年経つごとに決まった金額で下がるのではなく、割合で決まっているそうです。

一般的に1年ごとに30%価値が下がっていくとのこと。

私の例でいくとざっくり200万円で計算していきます。

経過年数 値下がり率 価格
1年 200万×30%=60万円 140万円
2年 140万×30%=42万円 98万円
3年 98万×30%=29.4万円 68.6万円
4年 68.6万×30%=20.6万円 48万円
5年 48万×30%=14.4万円 33.6万円

2年で半分以下になりますね・・・。

どんなに状態が良くても大体この付近から下回ることになります。

特に最初の2,3年の値下がりが大きく、年数が長くなるほど緩やかになっていくようです。

一般の人が買える範囲のほとんどの車はこのように価値が落ちていき、よくお金のある人が税金対策等で購入する高級車はこれには当てはまらないとのこと。

走行距離にも基準がある

目安は1年間で1万キロとされており、この範囲内ならプラスマイナスつけられることはないそうです。

車通勤が主な人は割と範囲内になるのではないかな。

車通勤かつ遠出に使ったりして、1万5千キロを超えてくると過走行とみなされてマイナス査定に。

逆に日々の近場の買い物等にしか使わないような走らな過ぎる車も、エンジンに負担がかかるのでマイナス査定になってしまうようです。

また、一つの区切りとして5万キロ、10万キロで査定額が下がりやすいので、買取を視野に入れている人は気を付けておくべきポイントですね。

少しでも高額に買い取ってもらうために

ディーラーではなく買取業者にお願いをする

買取を専門にしているだけあって買取業者の方が高めに買い取ってくれます。

少なくても10万円近く差が出てくるので、比較検討していくことが大切になってきます。

ネットで調べればいろんな買取業者が出てきます。

私は楽天オートの一括査定から業者を決めました。

楽天使っている人はポイントも貯まるのでおすすめです。

いろんなところと比較検討していると業者の人に伝えると本当に頑張ってもらえます

買取前に掃除をしておく

ピカピカまでしなくてもある程度掃除はしておきましょう。

明らかなゴミが落ちていたら買取の人はどう思うでしょうか。

恐らく普段乗っている時の扱いが雑だ、メンテナンスも怠っていそうだし、何かしら問題が隠れているかもしれないと考えられてしまいます。

きれいに大切に乗っていたと分かれば微々たるものでも高く買い取ってもらえるかもしれません。

需要と供給を意識する

①人気車を狙う

自分の車は好きに乗りたい人にはおすすめできませんが、車にも人気、不人気の車種があります。

ファミリー向けのスライドドアがついている車は買取時に高評価ポイントを付けられる傾向にあります。

軽自動車、SUVは人気があります。

あらかじめ売ると決めているようでしたら、普段から走っている車は何が多いか把握することで何が人気かわかりますね。

②時期を狙う

車が必要になってくるのは社会人1年目が入社する前の3月

まだお金もない新社会人が多いので中古車で我慢し、貯金ができたら新車というケースが大半です。

ここに需要が大きくあるので、もしかしたら割と高く買い取ってくれるかもしれません。

まとめ

車の価値はある程度基準が決まっているので、それを上回る最低は基本的に望めないです。

ただ、基準より下回らないようできることもあるので、工夫をしてみましょう。

参考になればと思います。

それでは!