時間やお金を消費していくかも?使わない通帳は解約しよう!

こんにちは、つい先日使ってない通帳を解約したのるねこです。

突然ですがみなさん、使ってない通帳はいくつありますか?

また使ってない通帳にお金が残っていたりしませんか?

なんとなく放置してる方今はそのまま放置していても良いですが、将来のことを考えたら早めに解約することをおすすめします!

今回はその理由を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

休眠預金等活用法が施行された

2018年1月から休眠預金等活用法が施行されました。

10年以上お金の動きのない口座のお金を預金保険機構に移管して、民間公益活動に使われます。

休眠預金となった口座はATMで下ろして使うことができなくなります。

ちなみに金融庁によると睡眠預金になる口座の総額は1,000億円を超えるとかなんとか…

国から見れば使われないお金なら国のことに使ってしまおうとなるのも頷けます。

10年経ったら勝手に使われちゃうの?

10年経つといきなり勝手にお金が使われてしまうのかというとそういうわけではありません。

各金融機関から休眠預金になりますよーという通知を出してくるので、それまでに1,000円でも入出金すれば、今まで通り使えます。

ただし住所が変わって、届出を金融機関に出してないとその通知も届かないのでいつの間にか睡眠預金になってることもあります。

睡眠預金になったからと言って慌てることはありません。

本人確認書類とお届け印を持って、金融機関窓口に行けば解除をすぐやってくれます

ただ、窓口に行かないといけないことには変わりないので手間を減らすために、頻繁にお金を動かすか解約をおすすめします。

郵便貯金は権利が消滅する

勝手にお金が止められるなら銀行よりゆうちょに置いておけばいいでしょって人も注意が必要です。

郵便貯金は20年お金の動きがないと、完全にお金を取り上げられます

特に高齢の方は定期性の預金が満期になってもそのままにされて忘れていることも…。

睡眠預金等活用法よりもシビアなので注意しましょう。

将来は口座維持手数料がかかるかもしれない

実は通帳を発行すると印紙税がかかってきます。

しかも年に1回。

それを払っているのは銀行です。

皆さんもご存知の通り銀行は低金利で収益が上げられなくなっています。

なので、大金を預けてくれている通帳ならともかく数百円でしかも動かされていない口座は赤字でしかないので手数料を取っちゃおうというのです。

なのでメガバンクは口座維持手数料を検討したとニュースになりました。

恐らくメガバンクが手数料を徴収し始めたら地銀、信金とどんどん手数料徴収を始めると思います。

使っていない口座とはいえ自分のお金が使われるのはなんとも気分は良くないですね。

自分が死んだ時に後処理をする人が苦労する

若い人にはピンとこないかもしれませんが、相続の際亡くなった方の口座を解約しなければいけません。

その時にどこでどれだけ取引があったのか分からないと、それだけ心当たりのある金融機関に連絡をしなければなりません。

お葬式だけでも心労が大きいのに更に負担をかけるのは心苦しくなると思います。

また金融機関によって住民票や除籍謄本など用意するのですが、コピーでいい所、原本でないといけない所とあるので用意する度にお金がかかってしまう可能性も…。

実際に解約するのに必要なものは?

解約に必要なものは

・お届け印

・本人確認書類

・通帳

・キャッシュカード(発行していれば)

長期間放置していて通帳やカードがどっかいった、印鑑が分からない場合は窓口に伝えれば、無くても手続きしてもらえます。

ただし時間はかかると思うので余裕を持った行動をしましょう。

まとめ

最後に使わない通帳は解約した方がいい理由をまとめると

・睡眠預金口座になったら解除に窓口に行かないといけない

・郵便貯金は20年経つとお金が取り上げられる

・将来口座維持手数料がかかってくる可能性がある

・自分が亡くなった時の後処理に負担をかけてしまう

でした!

実際通帳が何冊あっても管理しきれないので、2〜3冊あればいいんじゃないかなと思います。

ちなみに1,000万以上お金がある人は1,000万円を上限に金融機関は変えることをおすすめします。

金融機関が潰れた時に保護してもらえるペイオフ制度があるのは1,000万円までだからです。

なにかの参考になればと思います。

それでは!