ビルダーズ 2 建築ガイドブックを買ってみての感想

こんにちは、のるねこです。

2019年4月26日に発売したビルダーズ 2建築ガイドブックを買ったので感想を書いていきたいと思います。

スポンサーリンク

良かったところ

マグネブロックやスイッチについて詳しく書かれていた

マグネブロックやスイッチがどのように互いに作用するのか、写真付きで説明が付いてて良かったです。

スイッチの組み合わせやリレー作用などなど、分かっているようで実は知らなかった部分もありました。

DLCの内容が盛り込まれている

最新の水族館パックのフローチャート、魚の種類やどこで釣れるかなどまとめられています。

魚の種類を40種類集めるクエストのもあり、どの島になんの魚がいるのか分からなかったものも書かれているので見つけるヒントとしていいと思います。

建築テクニックが豊富に書かれている

なんといってもメインと言えばこちら。

まっさらな状態から建築をするとどうしても豆腐建築になってしまうお悩みを持つ皆さんを助けてくれるテクニックがいろいろ書いてあり、私も参考になりました。

円の作り方から、実際に建てた建物を1段ずつ何のブロックを置いているのかも載っていました。(下図参照)

小ネタも書かれている

チャプター巻末あたりに小ネタが書かれています。

ビルダーズを遊んでいくのにあたって知ってると便利なことが多かったので、ぜひここは読んでほしい部分だと思います。

いまいちだなと思ったところ

記載がざっくりしている

魚が釣れる島は載っていますが、島のどこでつれるかまでは載っていません。

そこはプレイヤーが自分で見つける楽しみがあると言えばそこまでですが、ざっくりしているなという印象でした。

まとめ

基本的なところから、最新情報まで幅広く書かれており、読んでいるだけでも楽しめます。

また読みながらすぐ建築に使える内容が豊富で手放せない1冊になるでしょう。

ぜひ買って読んでみてくださいね。

それでは!

スポンサーリンク