Google Adsenseの審査で「コンテンツが複製されているサイト」を突破するには

こんにちは、のるねこです。

ありがたいことに、2019年1月25日にGoogle Adsenseに合格しました。

合格前にも1回審査をしたのですが、その時は落とされてしまいました。

その時の理由は、価値の低い広告枠(コンテンツが複製されているサイト)でした。

最初に結果を見たときに納得がいかなかったことをよく覚えています(笑)

大きく変更はしていませんが、それで合格したので何か参考になればと思います。

移行しているなら前のサイトは非公開に


コピペチェックツールを使ってみると はてなブログから移行したためかその時の記事が出てくる出てくる。

リダイレクト設定はしていたのですがうまく機能していないようだったので、はてなブログの記事を非公開にしました。

サイトを立ち上げてから申請までの日が浅かった

ワードプレスに移行したのが2018年12月27日。

Google Adsenseに申請をしたのが2019年1月12日。

大した実績もないのにいきなり申請だしていいよーとはなりませんよね。

合格したのが1月の25日なので1か月くらい必要なのかなと思います。

別にやらなくてもいいこと

記事数は少なく

10記事くらいにしておく方がいいといった話は聞きますが、10記事には括らなくてもいいでしょう。

ちなみに私は24記事でした。

ただ記事が多ければそれだけ落とされる可能性もあるので、多すぎは避けた方がいいかも。

文字数は1000文字以上

必ずすべての記事を1000文字以上にはしなくてもよさそうです。

画像が多い記事は300~400文字くらいしかなかったので、こだわる必要はないと言えます。

文字ばかり多くして読み手のためにならない記事の方がよくないので、量より質を極めることがオススメですね。

ただ記事数が一桁の場合は1000文字ないとどうかなって感じです。

コピペチェック

似た記事があると通らないとのことですが、コピペチェックツールを使っての細かい修正はしていません。

記事を書いていたら似たり寄ったりしてしまうこともあると思います。

すべてをオリジナルで誰も書いてない文章で書ければベストですが無理があるので諦めましょう。

自分が1からちゃんと書いたならGoogleにも伝わると思います。

もちろんコピペはしないことが前提です!

画像やリンクは貼らない

ばりばり貼ってます。

問題なしです。

がんがん貼り付けちゃいましょう!

お問い合わせフォームの設置

してません。

なくても大丈夫!

あれば便利でしょうし、設置したい人は設置するくらいのスタンスでいいと思います。

まとめ

いろいろ書きましたが大事なのは

読み手に有益であるコンテンツにする

これに尽きると思います。

それでもどうしても通らないときはグーグルに聞いてみるのも手かもしれません・・・・。

それでは!